〜 An Encouragement of Ninjalogy 〜

武芸十八般

忍者の使命は敵の情報を盗んだり、謀略・暗殺など、いわゆるスパイのような仕事ですが、その任務遂行のためには、ある程度の武術ができなければなりませんでした。
剣法・手裏剣・槍・長刀・棒術・弓・銃などの武器のほかに、素手での格闘術である体術や馬術など様々な訓練が必要で、俗に言う「武芸十八般」に通じていたといわれています。
その中でもやはり体術がすべての基本となっていました。



©2021 忍者学ノススメ エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ