〜 An Encouragement of Ninjalogy 〜

妖者術

「妖者術」(ばけものじゅつ)とは、変装術のことです。
忍者の基本的な変装術に「七方出」があります。
これらの姿は諸国を自由に動き回っても怪しまれず、虚無僧や出家の笠のように顔を隠せたり、放下師や猿楽師、商人のように人に近づきやすいので、任務の際によく使われたといわれています。

●放下師(旅芸人)
●猿楽師(役者)
●山伏
●虚無僧
●出家
●商人
●常の形(武士や農民、町人など普段の姿)



©2021 忍者学ノススメ エントリ(RSS) and コメント(RSS)  レインドロップス テーマ